スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夜が待ち遠しい…♪ 

これ、下 この間びーちゃんのために作った、ただ四角いだけの、
なんともシンプルなクッションなんですが…。

20070820191704.jpg


この上に寝るには少しサイズが小さすぎたかな?って思って、
夜、びママの枕の横に並べておいてみることにしました。




そしたらそれから…。

20070911201050.jpg

お布団敷いて、もうそろそろオヤスミにしようかなぁ~。
って頃になると、どこからかびーちゃんがやってきます。


これまでのびーちゃんは、いつもびママの足元でおやすみになっていました。
それが、よほどこのクッションを気に入ってくれたのか、
それからはびママと毎晩添い寝。かっぱえびせん
それもちゃんと枕として間違ってない使い方をしてくれてます。


もう、それがびママは嬉しくって嬉しくって…涙




20070911201204.jpg

でも、こっちは向いてくれないんです。
それだけがちと淋しい…。




時々夜中に目が覚めた時、お隣を見てみると、
びーはお腹おっぴろげ~で気持ち良さそ~に、スヤスヤ寝てたりします。
お腹のもふもふや喉の辺りを撫でても、気持ち良さそうに伸びをするだけで、またスヤスヤ。。。zzz
一向に起きる気配はありません。
朝になると、6時に設定した、びママの携帯のブルブルで一緒にお目覚めheart03

ところが…。
こんなに甘い夜だったはずなのに、「またね!」って朝食を求めてアッサリお先にキッチンへ
行ってしまうびーちゃんなのです。(今日のにゃんこ♪風。)





にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
おかあたん、はやく おふとん ちいてくださいvivian♪

スポンサーサイト

[2007/09/11 21:15] vivian | TB(0) | CM(5)

添い寝いいなぁ~v-344
びーママの愛がちゃんと伝わってるのね。 
びーちゃんも安心するんだね、びーママ独り占めだしv-398
うちはお昼寝の時しか一緒に寝たことないなぁ…
[2007/09/11 21:48] マイロママ [ 編集 ]

添い寝いいですね~
ししまるも足元でしか寝てくれないから
クッション作ってみようかなぁ・・
[2007/09/12 00:07] こぶた [ 編集 ]

きゃーーー可愛い&ウラヤマシーv-238
ふと目が覚めたら隣にいてくれて
もふもふし放題なんて夢のようです~。
うちも最近はもっぱら足の間。。
去年は冬は上の方に来てくれたので
今年もそれを期待しているんですよね。
[2007/09/12 00:32] mimio [ 編集 ]

まぁ~っ!!v-344
びーちゃんとこんなに甘い夜を過ごしてるんですね(≧∀≦)
うらやましい。
ぐみにゃんは一緒に寝ていてもいつのまにやらどこかに行ってます(ノω・、)
しかも枕元なんて夢のまた、夢ですよー。
[2007/09/12 02:21] kotomo [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

マイロママさま。

夜だけはママを独占してますe-343
もう、家の中のびーちゃんお気に入りの場所、
殆んどふぅに譲ってあげましたからね。
でもここだけは許さなかったようです。
びママもふぅとは落ち着いて眠れそうにないなぁ。
もう少しオトナにならないとね。


こぶたさま。

是非作って見みてくださいな。
でもこれがない時も、最近はびママの枕の端っこを使ってました。
それでこちらも寝にくいので、クッション置いて見たら…。うふふ
隣で寝てると、やっぱ可愛いですよ~e-414


mimioさま。

mimioさんは冬ですかぁ。
うちは逆に冬は羽毛布団のフカフカの上、しかも足元で寝ます。
でも、今年はこのクッション気に入ってくれてるなら
わからないなあ…!
添い寝はやっぱり可愛いですよね。
どうか、そうなりますように…e-419


kotomoさま。

ウチも夢のまた、夢…が叶いましたe-266
ぐみにゃんもまだわからないですよ~。
少しオトナになって、落ち着いてきたんだと思います。
ここが一番安心して眠れるって思ってくれてるのかなぁ~?




[2007/09/13 08:03] びーママ。 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fairyvivian.blog69.fc2.com/tb.php/133-adae15b8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。